ハチの巣の駆除をするときは│事前の対策が必要です

刺されたときの対処法

男の人

もし自宅にハチの巣があったときは、早急に駆除を行なう必要があります。なぜなら、ハチの巣があると、人間に対して様々な害をあたえる可能性があるからです。ハチの巣を駆除するとき、もしハチに刺されたなら、正しい対処法をとる必要があります。対処法を誤ると、重体に陥ったり身体に後遺症を残したりすることがあるので、できるだけ正しい対処法を知っておくことが大切です。まず、駆除などで巣に近づいたときにハチに刺された場合は、即座にそのハチの巣から離れるといいでしょう。ハチは人間を指すと、警戒にフェロモンを発するときがあります。警戒フェロモンは巣の近くにいるハチたちに伝染し、巣の駆除の妨害を促します。それだけではく警戒心が高まると、ハチは集団になって襲ってくることがあります。一匹だけならまだしも、何十匹という数のハチに刺されたときは重体に陥る確率はかなり高まってしまいます。そうなると命の危険もあるので、大変危険です。ハチに刺されたときは駆除を一旦あきらめて、できるだけ早く巣から立ち去ることが命を守るために重要になります。ハチの攻撃が届かない安全な場所まで離れたら、次はハチの毒を体から抜くことが必要になります。もしミツバチに刺されたときは針を抜いて、傷口を洗い、毒を絞りだしましょう。このときは体を無理に動かすと毒が体をめぐってしまうので、無理に動かさないことが重要です。またハチの巣から逃げるときも、あまり患部を動かさないようにしましょう。